バスケットリメイク

長年使っている安価なとうもろこし素材のバスケット。

これは10年前以上前に買ったものですが、買った当時は左右に取っ手もついて
高さももっとあったんですが、だんだん小さくなって画像のような状態になりました。

長年使っているうちにまず、取っ手がボロッと取れて、本体のみになって、
そのフチをつかんで持ち運びしていたら、フチがささくれてボロボロになってきました。

小さくなる理由は、そのボロボロになったフチ部分をはさみでジョキジョキカットして
いたからです

一見キレイになるのですが、また数年たつとそのフチからボロボロに・・・。

そのたびにカットしていくのも限界があります。

だったら、フチがボロボロにならないように何かでくるんでやればいいのだと、
手持ちのハンドメイド用品からなんかないかと物色。

革の素材で作る・・・トートバッグ

リメイクひとつめ

お弁当持ってたまに出かけます。
とはいっても、おにぎりなどの軽いお弁当です。

このハンカチくらいの大きさのネイビーブルーのナフキンと縞のラインがネイビー色の
小さなリネンのはぎれでさっとおにぎりを入れるミニバッグを作ることにしました。

バスタオルのリメイク

新しいバスタオルに総入れ替えしたので、へたれ気味だったバスタオルのリメイクをしました。

最初はこのバスタオル、ぞうきんにしょうと思っていたのですが、使いやすい適度なサイズに切たりすると、切り口からクズがボロボロ出てくるのです。

そのまま切らずにリメイクできるものといえば、バスマットぐらいなんですが・・・。
3分の1の大きさに畳んで縫ってつくることにしました。

縫いは手早くミシンで。
細かく縫う必要もなく、縫い目幅も最大にして、畳んだ折り目がずれないように四方をガーっと縫ってできあがり。

しかし、これだけでは、全然おもしろくもなんともないのよね。

風呂敷ポーチ

夏物ワンピースに付属していたボレロ。

ワンピースばかり着て、これはまったく着なかったため、繰り返しの洗濯でワンピースとの
色の差が出てしまい、これからも着ることはないと思ったのですが、生地の色も好きだし、
小さな「くるみボタン」がかわいいのでこれをポーチにしてみることに。

テロテロの薄い生地なので、ハリを出すために裏地を付けます。

手持ちの生地で何かないかと探すと、ステッチ模様の未使用のランチョンマットが。
生地の色やハリ具合もいいし、何よりステッチがボレロの色と同じなのがgoodー。

ボレロの生地を裁断。あ〜、切った、切ってしまったよ。

もう引き返せすことはできないし、作るの失敗するとゴミになると不安を押さえつつ、
黙々とミシンがけ。

ガーゼケットのリメイク

ガーゼで出来たタオルケット・・・ガーゼケットが好きで、シーツや、肌かけ、冬でも
毛布がわりに掛け布団の下にしたり、年がら年中ガーゼケットを使っていました。

酷使したためか、真ん中が薄くなり、とうとうビリビリに破けてしまいました。

もう買い直さなきゃならないか…と思いきや、破れているところは真ん中だけ。

しかも使っているうちにガーゼのほどよい肌触り具合が出てきて、よけいに捨てるのが
もったいない…。

真ん中の部分に生地を継ぎ足して縫うか・・・と思っていました。

これまでも身の回りのモノはリサイクルしたり、ボロ布にしてなるべく使い切るようにしていて、
なんとかしたいと漠然たる気持ちでいたところ、ブログ日常のshiorinさんの記事を読んで、

「まだ使えるのなら、ちょっと手間をかけて、もう少し布にがんばってもらいましょう。」

との言葉にリサイクルの気持ちがムクムク。

ちょうど、コレまで使っていたバスマットがズタボロになってきたこともあり、それなら
この肌触りを活かし、バスマットにしようと作り替えることにしました。

ティッシュボックスのプチリフォーム


左:厚みがあった10年くらい昔のティッシュボックス。

ティッシュの箱がどんどん薄型になってきたため合わなくなり、今までひっくり返して、
もの入れとして使ってました。

右:DIYで出るあまり板

素材がしっかりしていて、そのままでもナチュラル感があるので、塗装せず使っていたため、
シミ・汚れ・端が欠けたりしていましたが、「最近ティッシュがもっと薄型になったから2ヶくらい
入るんじゃない?」と思い、今どき風にもしたいので、ちょびっとリフォームすることに。
続きを読む >>

1

Sponsored link

Entry

Category

Comment

Trackback

Links

Profile

Search

Others

Mobile

携帯からはこちら
qrcode

Powered by

ペパボのブログサービス【JUGEM