ザ・リッツ・カールトン大阪へGO

リッツカールトン大阪
友人からのお誘い&計らいで、 ザ・リッツ・カールトン大阪 に宿泊する機会に
恵まれました。
リッツカールトン大阪 地下鉄
こちらは地下からの入り口

いろいろなインテリアテイストが見られるので、ホテル宿泊はとっても好きなのですが、
何しろ今回はリッツ。期待は高まります。
大阪市営地下鉄の西梅田駅からそのまま地下の通路を左へまっすぐ。

リッツのエントランスから、廊下を通り抜けるとロビーへ。

そこには本物の炎の暖炉、アンティークなソファがあり、絵と大胆な花が飾られ、
どこの邸宅ですかーという重厚な雰囲気。

ロビーで友人と合流し、ベルマンに部屋を案内してもらうことに。

部屋はリビングとベッドルームが分かれている76平米のエグゼブティブスウィート。

リビングルームの間接照明がとてもいい雰囲気を醸し出しています。

キャビネットに収められた40インチほどの液晶テレビ。

ウェルカムドリンクにアップルとグレープフルーツジュースを頼みましたが、果汁
そのもので、とっても美味しかったです。


ミニバーには、様々な飲み物に対応できるように、カップやグラス類もたくさん。

ドリンク類はシャンパン、アルコール類、ソフトドリンクの他に、キャベ2や
健康ドリンク、引き出しにはスナック類、使い捨てカメラもありました。

室内にある電話は部屋のあちこちに持って行けるコードレスタイプ。

鍵はカードキーではなく、本物の鍵でディンプルタイプ。リッツの雰囲気にあって
ステキです。

コンセントやLANの差込口などが埋め込まれたデスク。


デスクの引き出しの中にはレターセット、裁縫セット、右のネイビーのケースには
LANケーブルや入力端子など各種接続ケーブルがあります。

バスルームです。

生花が飾られたダブルシンクの洗面台に、歯ブラシ、レザー、ヘアブラシ、爪ヤスリ
シャワーキャップなどのアメニティがお皿にのせられていました。

ネイビーブルーのパッケージが高級感あってかっこいい。
ボトルはシャンプーやジェル、ボディローションなどです。

ホテルのアメニティはいつもその場で使うか、荷物になるので持って帰ったりしないの
ですが、この時ばかりはこのマウスウォッシュをもらって帰りました。

ジノリの入れ物に入ったオレンジ色のはバスソルト(入浴剤)。

洗面台のすぐ横にはこのようなラジオも聴けるテレビが。TOTO製。

バスルームの照明はクリスタルガラスでとてもキレイな光を放っています。
大きな鏡に映るので明るさも倍。

タオル類にはリッツのマークが入っていて良いですね。

お風呂は洗面台を挟み、左手にバスタブ、右手にシャワーブースとなっています。
あと、体重計とバスピローにはタオルが巻かれていて肌触りが良いです。

バスタブはゆったり大きく、あっという間に湯がはれます。
リッツカールトン大阪トイレ
左 : シャワーブース(上半分の画像ですみません)
右 : ウォシュレットのトイレは玄関側とバスルーム側に1カ所ずつあり、それぞれに
りっぱな手洗いシンクが付いていました。

画像はありませんが、クローゼットの中には人数分のバスローブと肌触りの良い
パジャマがセットさせていました。

さて、夕食はルームサービスなのですが、電話でメニューの選択を聞かれます。
好き嫌いなどあればできるだけ対応もらえます。

リビングのソファの高さに合ったテーブルが持ち込まれて、料理をセッティング。

その後デザートまで堪能しました。

ベッドルーム。
夜、ターンダウンサービス(お休みの支度)がありました。

ベッドカバーを外して、ミネラルウォーターをサイドテーブルにセッティング。
ベッドの上にはルームサービスでの朝食のオーダーシートが置かれていました。

わたしたちの朝食はレストランを利用することとなっていますが、いつかはこの
オーダーシートを使い、ジュースはこれにして、卵はスクランブルもいいけどオムレツに
して、ソーセージもつけて・・・と細かい要望を書いてこのオーダーシートを
ドアノブにかけてオーダーしてみたいですわ。(いつもホテルでは朝食券なのよね)

こちらにもキャビネットの中にテレビが。

テレビは手前にガーと引き出して、向きを自由に変えられます。
DVDデッキもあり、CDも聞けます。

コーナールーム。

29階とはいえ、高層階、大阪の夜景が素晴らしいです。

朝食のレストランでは、とにかく種類が豊富でおいしかった。

チェックアウトするのが名残惜しい!!
部屋に置いてある椅子全部座りきれてないし(ビンボー性)

ともあれ大阪での宿泊に超オススメな ザ・リッツ・カールトン大阪
スタッフの対応も気持ち良く、しばしのラグジュアリー気分に浸れるホテルです。

コメント
ウワ〜ウォ!すご〜い!!
こちらまで『優雅な』気分に成り、
このガサガサ気分が、う〜〜〜ん!
(パソコンのバグと戦ったところです)
お得した感じ、ありがとう!
よい来年を予感して、素晴らしい
モノづくりに成ることでしょうね!!
どうぞよいお年を!
幸せ気分にさせていただき、
嬉しい思いで、年を越せます!感謝。
  • ひ。
  • 2007/12/29 7:27 PM
あんずさん、実はワタクシはホテルが大好きです。
こういう写真を見るとよだれが出るほど
「うわああああああ」
と行きたくなります。

すすすす素敵っ。
リッツ、泊まってみたいですっ。


年越しに素敵な夢を有難う御座いますううう。
来年も素敵な夢をください。
待っております(笑)
●ひ。さん

なんと、パソコンのバグと格闘されてたんですね。
お疲れ様です。

このリッツは異空間といいますか、
カテゴリーは日常となっていますが、
思いっきり非日常で、夢心地空間でした。

そして、こちらこそ、いつも楽しくも
心のこもったコメントありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします。
良いお年を!!(⌒∇⌒)


●シュウさん

シュウさんもホテルお好きなんですね。
ホテルのインテリアって居心地のよさ、
空間の取り方とか自分のところで
活用できないかとあれこれ考えたりして楽しいです。

リッツは本当にオススメで、
わたしはこの機会に恵まれましたが、
また、なんかの記念日とかにいいなあと思います。

今年はたくさんの素敵なコメントありがとうございました。
来年もシュウさんにとって良き年になりますよう!(⌒ ⌒)
  • 管理人
  • 2007/12/30 1:24 AM
あんずさん、ご無沙汰しております〜。今年もあと残すところあと少しですが、今年もホントにお世話になりました。ありがとうございました。
リッツ・カールトン大阪、わたしも一回だけ、20年来の友人と友情記念?に泊まったことがあります! (ジュニア・スイートでしたが)
「そーいや、うん、こんな角部屋だった」と丁寧で詳細な写真を見ながら想い出をたどってしまいました。
他の場所のリッツでも、“究極のサービス”と称されるだけあるなと思うことしばしばで、さすがと感じます(いや、他は泊まったことなくて、単に見学だけやレストラン利用だけなんですけど、それでも丁重な扱い! ある意味驚愕)。

当方はちょっと定期更新は一休みなのですが、こちらには引き続きちょくちょくお邪魔させていただきます☆

では、よいお年をお迎えください。
  • Rica
  • 2007/12/31 9:51 PM
明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願い致します。
「ザ・リッツ・カールトン大阪」
エグゼブティブスウィート・・・
素敵なひと時を過ごされたみたいですね。
う、うらやましい〜!!!
それにしてもホテルのレポートが素晴らしいです。
まるで私が部屋に居るような感覚に♪
雰囲気が伝わってきましたよ〜!!!
新年からいい気分にさせて頂きました〜。

あんずさんにとって素敵な年になりますように(*^0^*)V
●Ricaさん

こちらこそご無沙汰です。
ブログにおいて良きおつきあいができ、またいろいろとお世話になり、
ありがとうございました。

リッツ大阪に来られたことがおありなんですね〜。
お友達との良い記念にいいホテルでしたね。

わたしたちに応対してくれたベルマンは、とても気が利いているというか、
緊張がほぐれるような会話で接してくれたりしました。

リッツ東京などは今度来京したときにレストランとか利用してみたいです。

Ricaさんブログはずっと引き続き楽しみにしています。
これからもよろしくです。


●えこさん

新年明けましておめでとうございます。

はい、リッツ…とても素敵でした。
調度品とかもそうですが、プロフェッショナルやな〜と思うほど
いろんなところに気が配られているホテルだと思いましたよ。

雰囲気伝わりましたか、そう言ってくださってありがとうございます。

昨年はえこさんとサイトを通し出会えて良かったです。
今年もどうぞよろしくお願いします。
  • 管理人
  • 2008/01/01 11:54 PM
明けまして大分経ちますが、
今年もよろしくお願いします♪
今年もあんずさんのアイデアをどんどん盗ませて頂きます!!(笑)

リッツのお写真、溜息が出ますね〜
泊まった事はもちろんありません(^^;)
1回のラウンジにバータイムに行ったことはありますが、
値段が高くてビックリしました。
バーに行くくらいなら泊まった方が、
意外に値打ちがあるかも知れませんね。
emishingさん、あけましておめでとうです。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。

リッツのラウンジもさぞかし素敵な空間だったことでしょうね。
お値段はいろいろなところでビックリさせられ、
ホテルのサービス料13%もわたしが知る限りでは、
最高値だなあと思いました( ̄∇ ̄;)ゞ
  • 管理人
  • 2008/01/05 2:05 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Sponsored link

Entry

Category

Comment

Trackback

Links

Profile

Search

Others

Mobile

携帯からはこちら
qrcode

Powered by

ペパボのブログサービス【JUGEM