革の素材で作る…vol.1 (3点)

使っているうちにその革独自の風合いが出てくるような革製品や小物が好きです。

でも、シンプルであればあるほど、気に入るものがなかなかみつけられずにいました。

そんな時UmamiのバッグとMidoriのフロシキ/江面旨美 ・高橋みどり 著"と
いう本に魅せられて、薄い革なら自分でも作れるのではと考えるようになりました。

革は、布のように端の始末をしないので、扱いが思ったよりラクらしいのです。

さっそく、革のはぎれを買い込み、カンタンなものから作ることに。
革は家庭用ミシンで縫える厚みのもので、主に好きな茶系ばかりを選びました。

まずは、先にアップした、ティッシュボックスに革を使いました。
ここでは革を縫う行程がないのでラクちんでした。

携帯ストラップ

こんなシンプルなものなんてどこでもありそうだと思っていたものの、イザ探してみると
なかなかない!
なんか余計なものがジャラジャラついているし

あっても、気に入るモノほど革製のストラップは結構な値段が。

どうせならと、用途に合わせてパッと取り替えられれるよう、首からかけるロングタイプと
スタンダードタイプのサイズ違いを作ってみました。

しっかりした細身の革ベルトを使い、ベルト用の穴あけポンチで穴を開けて、カシメで
しめるだけです。

ストラップの取替えはナスカンを使っているので、カンタンにできました。

デジカメのメディアケース

デジカメのメディアはxD-Picture Cardを使っています。

メディアを入れるケースは上のような付属のものを使っていましたが、デジカメをポーチから
取り出すとき、これが軽いので一緒に出てしまい床に落とすことがよくありました

なんだか頼りないのでしっかりガードできるケースにしたい!

そこで100均のステンレス製・名刺ケースを買ってきて、表面の大きさに合わせて
革をカットし、強力両面テープで貼りました。

貼るときに革を引伸っぱらないようにゆっくり貼るとうまくいきました。

これも手軽でカンタンです。貼るだけやしねぇ

中に入れるプラスチックケースがピッタリでした。

取り出しに余裕を持たせるために、「名刺20枚用」の少し厚みのある名刺入れを使いました。

手前に傾ければ、中のプラスチックケースが取り出しやすい角度になり、取り出しもラクです。
薄いので、ポーチにもかさばらずに入れられます。

今後、デジカメを買い替え、メディアケースとして使わなくなっても、名刺入れや、カード入れ
としても使えます。

また、ツヤのあるステンレスやアルミのケースだと、表面に指紋がペタペタついたりしてあまり
いい気がしないので、こんな素材を貼ってやると、気にならなくていいかもと思います。

サングラスorメガネケース

なるべくかさばらず、ひもでぐるっと巻く感じにしたくて作りました。

ペンケースなどでよく見かける形ですが(ペンケースにもなる)、中は壊れ物なので、
比較的しっかりした硬めの革から本体と、ひも部分を切り出しました。

ケースの本体は1/3分革を折って、その両端をちょっとミシンで縫うだけ、
ひもは本体に少し切り込みを入れて通し、折り返し部分を縫っておしまいです。

本当は、切ったフチをヤスリがけして、CMC(革の切り口のケバだちを防ぐ溶剤)の水溶きで
磨くと仕上がりに違いが出るらしいのだけど、自分で使うものだし、当分はこのままでいいや。

このメガネケースは、シュリンクレザーのゴワゴワ感と、色合いが気に入っています。

革もDIYなどと同じで、自分のしたいサイズにできるのがいいです



・・・材    料・・・


・革(And Leather 日暮里店)
・革ベルト(ABCクラフト 天王寺店)
・携帯ストラップ材料(ABCクラフト)
革用ミシン糸

コメント
あんずさん
おはようございます♪
ご訪問有り難う〜ヽ(*^(エ)^*)ノ
ほんと、100均でお会いしてるかもしれませんね。
こんなに素敵なアイデアの引き出しをお持ちの
あんずさんにお会いしたい気も(*≧m≦*)きゃっ!
  • ☆にぁ☆
  • 2006/06/09 10:00 AM
☆にぁ☆さん、どーもです。

必要なものや欲しいものがなければ買わないほうなのですが、それでも、100均は(特におしゃれ系)「その時だけのもの」にめぐり合うことがあるので、行ってしまいます〜(^_^;)

☆にぁ☆さんのおかげで、知らなかったお店や、こんな商品あるんだなと知ることができたので、また100均へ行く楽しみが増えましたよ(^Θ^)
  • 管理人
  • 2006/06/10 12:51 AM
こんばんは!
やっぱりスゴイですねー!
この名刺ケースは絶対に100均とは思えませんよ!
ストラップもメガネケースもこんなのあったら、普通に買いそうです(^^)
やっぱりスゴイ!

この前は、訪問ありがとうございました<m(__)m>
そういえば、勝手に師匠って呼んでます(*^_^*)

やまきんさん、ありがとう!

市販品で「いいな」と思うけども、値段的に折り合わなかったり、「もうちょっとここがこうなってればな…」と思うことがあるので、『作る』手段に到っていますが、失敗するかも…のリスクもあるんでけどね(^_^;)
そういう意味でモノづくりはスリル性もあるものかなー…なんて。

師匠と呼んでくださるのは木っ恥ずかしいような感じですが、やまきんさんのお気持ちがとても嬉しいです(^_^)
  • 管理人
  • 2006/06/12 12:25 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Sponsored link

Entry

Category

Comment

Trackback

Links

Profile

Search

Others

Mobile

携帯からはこちら
qrcode

Powered by

ペパボのブログサービス【JUGEM