映画…かもめ食堂

わたし→→→今年は北欧(スウェーデン・フィンランド)に行く予定。

友人S→→→旅行に同行 + 女優の小林聡美さんが好き。

…と言うことで、フィンランド・ヘルシンキを舞台にした映画「かもめ食堂」を見てきました。


見に行く前々日までこの映画の存在自体も知らず、Sにひっぱられて
行ったのですが、行けば立ち見も出る位の超満員。

朝から整理券を取ってたので着席には楽勝でしたが、わたしはこの映画に
関して情報インプットもせずに来たのでこんなに人気があるとはとびっくりでした。

ところが・・・、淡々とした日常で綴られる中にある空気感の「心地良さ」に
見事にやられました。
受け入れること。

続けること。

かもめ食堂は最初はお客さんのこない日々が続きますが、食堂で提供される
日本の素朴な家庭料理を味わい、楽しむ現地の人々が日々増して行く様子に、
自分の中でゆっくりと嬉しさがこみ上がって来ました。

小林聡美さんの演じるサチエにも、なんだか凛とした美しさを感じました。

昨年放送されたドラマの「野ブタ。をプロデュース」(2005年)は、高校生が主演の
内面的な成長の物語で、特別ドラマチックな展開がある事もなく、作品の中の何気ない
日常の掛け合い、心の機微の表現や、情緒や切なさ感などのあるとても好きなドラマでした。
野ブタ。をプロデュース すいか
左 : 野ブタ。をプロデュース /右 :すいか

同じく好きだった「すいか」(小林聡美・片桐はいり・もたいまさこの同3人が出演・2003年)
というドラマも、この「野ブタ〜」と同じ脚本家(木皿泉)・製作スタッフだったことを後で知り、
「すいか」「野ブタ〜」好きだった方は、「かもめ食堂」はスーッと溶け込める映画だと
思います。

「ガッチャマンのうた」「エアーギターコンテスト」「わら人形」など、様々な笑いの
キーアイテムの絡み、北欧家具や食器などインテリア好きにもたまりません。
(ちなみに笑いは「クスッ」という程度ではなく、爆笑でした。)

中でも、もたいまさこさんの存在感がとっても良いです。

最初はフィンランドの雰囲気が見れたらええわとか、ミニシアターモノだからと呑気に
構えてたけど、「かもめ食堂」は映画作品足る力を持っていると思いました。
かもめ食堂のパンフレット
「かもめ食堂」のパンフレット。

映画を見終わると、温めたシナモンロールとコーヒー、おにぎりが食べたくなります。

コメント
こんばんは〜。「野ブタを・・・」好きだったんですよ。北欧雑貨も見たいですが、笑いがそんな風に爆笑ものなんですね、、、。
だいぶ前から話題になっていて、内容をいろんな方のブログで拝見していましたが、地元で見ることができないのでそんなに興味なかったのですよ。
でも今回の記事を読ませていただいて具体的に面白さを感じることができて、とーってもみたくなりました。
どこか遠出してでも見たいな〜。
おはようございます(^_^;)カナさん。
(カナさんも「野ブタ〜」お好きでしたか)

かもめ食堂は、観られた方によっていろいろな見方があると思いますが、コメディー映画の部類とはいえ、あのすがすがしさと楽しさを観てよかったと思いました。

あと、笑いも人によるのかも…と思いますが、わたしは本当に大笑いでした。
周りの方も「どわっ」て感じで、男のかたも声を出して笑われていました。

「何が何でもスクリーンで観るべし!」の映画でもないので、最近はDVDが出るのが早いし、もし遠出されるのが難しいのだったら、おうちでゆっくり観られるのもいいと思いますよ(*^_^*)
  • 管理人
  • 2006/06/19 4:57 AM
はじめまして。shiorinという者です。
こちらのブログ、実はお気に入りに入れてちょこちょこのぞいていました。
今回の記事を見てコメントしたくなってしまいまして。

いいなぁ、「かもめ食堂」、見たいなぁ。
小林聡美さんが好き、北欧家具も好き、「野ブタ。をプロデュース」も見てた、「すいか」も。
これは見るしかない!
と、新聞の映画情報を見ても、やっぱりありません。
もう終わっちゃったのかもしれないけど、ただでさえ、ちょっと見たい映画もやってなかったりするこの辺りでは仕方がないのかもしれません。

「すいか」もそんな感じでしたけど、あんずさんの言われるように『淡々とした日常で綴られる中にある空気感の「心地良さ」』というのに惹かれます。
あぁ、残念…。
せめて、あたためたシナモンロールとコーヒー、おにぎりを食べようかな。

またのぞきに来ますね〜。
shiorinさん、はじめまして。
いつもご欄いただいてありがとうございます!(^^♪コメントとても嬉しく思います。

shiorinさんがおっしゃるように、それぞれのドラマにあるあの空気感は共通するものがあるなあと思いながら観ました。
「かもめ食堂」には好きなものが詰め込まれているみたいでした。

もう上映が終わったところも多いし、今では上映しているところがあまりないのがつらいところですね。(ーー;)

このブログ、最近の更新はバラッバラで定まっていませんが、末永く(披露宴のあいさつか?)おつきあいください。(^_^)
  • 管理人
  • 2006/06/24 1:32 AM
はじめまして、shiorinさんのところから
お邪魔させていただきました。
かもめ食堂、最近DVDが出て見たのですが、
まだまだ上映している映画館があるみたいです。
すごい人気なのですね。

今回ついついコメントしてしまったのは、
フィンランドの連想のところで出てきた
ハノイロックスに反応してしまって・・・。
マイケル・モンローが懐かしいハノイロックスですが、
彼ら、フィンランド出身のバンドだったんですね。
こちらで初めて知りました。
それでは失礼しました。

pociyaさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

かもめ食堂、まだ上映中なのですね。
先週、夜中にやっているランク王国を何気なく見てたら、かもめ食堂のDVDが初登場で2位とのことでした。すごいですね〜。

それと、カテゴリーの「フィンランド旅」でもハノイのことを好き勝手にズラズラ書いているのですが、ハノイは自分にとっても特別な存在で、ハノイに反応してコメントしていただいたなんて嬉しく思います〜。
  • 管理人
  • 2006/10/24 8:50 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Sponsored link

Entry

Category

Comment

Trackback

Links

Profile

Search

Others

Mobile

携帯からはこちら
qrcode

Powered by

ペパボのブログサービス【JUGEM