フィンエアー(フィンランド航空)

大阪人なので、関西空港から出発。

チェックインカウンターのフィンエアーの表示にやっと行くんだ〜と実感が湧いきます。

休暇は6日だけ。
最初はスウェーデンとフィンランド2カ国に行こうとしたけど、どの旅行会社のプランも
2カ国滞在すると移動に時間を取られ、滞在がたったの1日半〜2日ずつと短くなってしまうので
今回はフィンランド1カ国に絞りました。

北欧で唯一ユーロ通貨。
前回の旅行もユーロ圏だったので、ど忘れして両替し忘れたユーロも使えるのも良い♪
本はそのままでは重いので、必要なページだけコピー。
出発前に時間が取れず、機内やホテルでやっと目を通すハメになってしまいました。

かもめ食堂のパンフもヘルシンキ歩きに参考になるページが少しあります。

そのフィンランド…日本から一番近いヨッローパということで、9時間半で到着します。

エコノミークラスの狭い空間にちょっとでも短い時間ですむなら気分的にラクだなあと
思っていたんですが、旅行会社の最初のプラン内容では乗り継ぎアリでした。

直行便だと1日目から動けるけど、乗り継ぎだと現地にはほとんど夜の到着になってしまうし、
せっかく9時間半でいけるメリットが〜と思っていると、
出発の日を1日ずらせば直行で行けるとの事で、日によって乗り継ぎアリ・なしがあるのですね。

さて、機内食です。
2回の食事がありますが、この時「Beef or chicken?」の問答はなし。

最初に出されたものは、スパイシーなカレー、さやえんどうが入っているけど、
この花形にんじんは何?
牛肉がゴロゴロ入っていてそれなりにおいしかったです。
手前、左にサラダ、ご飯があるのに、パン。向こう側の黄色と白はそうめん。
デザートにキットカットってか?

2食目はラビオリのグラタン。
具だくさんで下にこれでもか〜ってほどほうれん草が敷き詰められていました。
熱々を出してくれたおかげでおいしくいただけたのも大きいです。
左手前のデザートはかまくらカスターのようなふわふわ生地にカスタードクリームがかかって
いて、中はホイップのようなものでした。

機内の上映映画は、往復路でやってくれたのは、ロビン・ウィリアムズの「RV」、
トム・ハンクスの「BIG」、「ALWAYS 三丁目の夕日」、ディズニーアニメ、
邦画で「タイヨウのうた」、マイケル・ダグラスの「ロマンシング・ストーン」など
新旧まぜて上映してたけど、古いのは古すぎやろ〜

個人的感想では「RV」がコメディーもので面白かった。
「ALWAYS 三丁目の夕日」はちょうど見たかったし、よかった。

着陸直前に窓の外を見ると、オレンジ色の屋根瓦や、緑が多く、
しかも統一感のあるキレイなフィンランドの町並みが見えました。

「おおー」と、とっさにデジカメで撮った一枚。窓の下のほうが凍っています。

…この3秒後、フィンランド人客室乗務員に、
「お客さーん、着陸態勢になっとんねんでー、カメラとかの電子機器は使たら
あかんがなー(英語)」とやんわり叱られましたずびばせーん。

順調な空の旅…、予定より15分早く到着しました。

コメント
でたっ 機内食〜 せませまなテーブルに
てんこ盛りのトレイでやって来ると「さてこぼさずにどう食べるか」とか考えません?
だいたい機内食につくフォーク類は重くてデカイぞとか思うのは私だけでしょうか。
バターやドレッシング、めんつゆを使うとなると至難のワザ。
それでも楽しい機内食♪
メインディッシュのトレイも熱くておいしそうですね。おいしくてよかったですね(^o^)
  • wasabi
  • 2006/09/27 12:14 AM
機内食って、いろいろなものが並んでいるのに気分が浮きだちますが、よく見たらパズルのようにうまいことなってますね。
必要とはいえ、バターなどの小物も、よくこんなこまごまとしたのをちゃんと添えてあるな〜と思います。
フォーク類は重くてデカイ…そうですね。
しかし、わたしはプラスチックよりはいいかもと思います。

行きと帰りの便の機内食は、味的にも内容的にも違いが大きく驚きのひとつとなっていますが…( ̄▽ ̄;)
(帰りの便はぐったり疲れていたので、写真を撮っておらず、お見せできなくごめんなさい)
  • 管理人
  • 2006/09/27 2:15 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Sponsored link

Entry

Category

Comment

Trackback

Links

Profile

Search

Others

Mobile

携帯からはこちら
qrcode

Powered by

ペパボのブログサービス【JUGEM