ベッドサイドの棚

長年の習性で、寝るときにどうしても本を読みます。
ベッドの傍にランプなども置けるテーブルがほしいけど、
テーブルを置くほどのスペースもないので、奥行きの浅い棚を設置し、
本を並べることにしました。

棚は、前の家で使っていたものを使おうとしましたが、
そのままの大きさでは並べられないので、1度分解してからカットし直して
サイズダウンさせました。

また、「主に本を入れる棚」ということで、壁面に直接つけることは強度的にも、
賃貸ということでもムリなので下から支える「台」を追加することにしました。

ベッドの高さ+布団の厚み+手に取りやすい高さ…を割り出します。
台は、SPF材の1×4を4枚購入し、高さ60センチ程、棚の大きさの幅になるよう
カット後、組み立てます。



図にするとこんな感じ。

赤の長い部分は、棚が段々とたるんでこないようダボレールを2本並べて取り付けました。

このくらいの長さの棚や台は、真ん中あたりに「支え」が必要ですが、
ダボレールでたわみ防止を施したことで、空間を広く取れ、ふとんが当たらず、
掃除もしやすく、棚の下に置いている避難道具も出しやすくて人目に触れず置ける
など利点もできました。



棚と台は「一文字金具」を使って取り付けました。
奥行きはわずか20センチほどですが、大抵の本の奥行きに対応できるし、
ランプも置け、ちょっとしたギャラリー状態になりました。



…材 料…

・プリント化粧合板の棚
・SPF材(1×4) 
・ダボレール
・着色ニス
・コーススレッド
・一文字金具

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Sponsored link

Entry

Category

Comment

Trackback

Links

Profile

Search

Others

Mobile

携帯からはこちら
qrcode

Powered by

ペパボのブログサービス【JUGEM