スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    category : -|-|-| -

お正月飾り3点

お正月の飾りものが昨年までとってもわびしいものだったので、今年はちゃんとしょうと
いろいろ揃えてみることにしました。

とはいえ、花を活けることの習慣のないあんずには未知の世界。

最初は市販品で気に入ったリースみたいなものを買うつもりでABCクラフト(天王寺)に出かけて
いきました。

いろいろ市販品や見本を見ていると、やはり市販品はそれなりの値段がします。
また、パーツで気に入らないものがあったりするので、市販品をそのまま買って帰ることに
迷いが出てきました。

組み合わせとかわからなくても、お正月の雰囲気を出せ、なんとなく「めでたい感じ」
やったらいいんちゃうかな?→作ってみようと思い立ち、今度は材料探しが目的となり
ABCクラフト
内の4,5,6,7階をグルグルしまくりました。

買う予定だったものは、

・玄関ドアに飾る「リース」
・廊下にある台にちょっと置く「花」
・テーブルなどに置く「ミニ飾り」

各階の、飾りもののコーナーにある市販品や見本などじっくり観察しながら、

紅白っぽくメインに持ってくるパーツを造花の赤・白のバラで、お正月の雰囲気に欠かせない
松の葉と赤い千両、めでたい感じの金色の松ぼっくりとゴージャスなリボン。
水引もお正月ぽいので採用。

あと、今風な飾りになるようなパーツを少し…で買い物終了。

鏡餅についていた余った飾りも動員
リース

バラの枝から葉を取り、輪っかにした土台に、「松の葉」を枝ごと巻き付けました。

そこに「赤・白のバラ」「葉っぱ」「金の松ぼっくり」「赤い千両」を針金でつけ、
「金の松ぼっくりがついていた枝」全部を土台に巻き付けると土台が枝でできたような
感じになりました。

「リボン」「水引を輪にして7対3の長さにしたもの」と「鏡餅についていた水引の小さいパーツ」
などを最後にあしらってできました。

クリスマスっぽいかも・・・と少々気になりましたがまあ、お正月に見えん事はないでしょう。

玄関ドアに飾った様子

とはいえ、ABCクラフトでのいろいろな見本を思い出しながら、あーだ、こーだとパーツを
取り外したりつけなおしたりして、このリースを作るのになんと4時間もの時間が
かかってしまいました。

年末の忙しい時に何をやっとるか〜ですね



家にあった白の花瓶に差し込んで行きました。
名称はわかりませんが、細めの葉(画像 : 右下)を輪っかにして、

今時風になるようマネて飾り、鏡餅の前に飾る「ミニ扇子」を差し込み、
白さが目立った花瓶に金色のヒモを巻き付けてできました。

干支の飾りもの

子供頃からの友人Yが忙しい中、Yのお母さんが作った今年の干支のイノシシを
モチーフにした作品を送ってくれました。

ちりめん地にフェルトや稲穂などをあしらったステキな作品。

右は100円均で買った和のお盆。
「和の行事」でよく使っている重宝アイテム。
金と赤のヒモを通して裏面でひとくくりにし、色紙台をサクッと差し込みました。

まだ大阪では”えべっさん”(10日頃)があるまでは「松の内」という感覚なので、
短い期間だけど飾らせてもらいました。

廊下に飾った花と合わせてみました。

ミニ飾り

升の内側に、オアシスもしくは発泡スチロール埋め込み、造花の「小菊」と「松の葉」を短く
カットして差し込んでいきました。

升の入れ物は近所の100円ショップにて赤・黒を購入。

「千両」「細い葉の輪っか」「金の松ぼっくり」や小菊の「葉っぱ」などを…。
仕上げに「升」にお茶缶についていた「房つきのヒモ」をつけてみると和の雰囲気に。

以前作った屏風と組み合わせて、シンメトリー(左右対称)に置きました。

トータル2800円分の買い物。結構いろいろ買った割には安くすみました。
花は造花ですが、最近のは以外や造花やな〜と思わない造りで驚きです。

住んでいるマンションは機密性が高く、生花もすぐダメになってしまうので
造花で結局良かったと思えます。

作っているうちに結構楽しくなり、また何か飾り物を作りたくなりました。

スポンサーサイト

    category : -|-|-| -

コメント
普段やらないとは思えないほどです。
やっぱりセンスいいですね。
さりげなくしかれてる英字新聞もかっこいい!!

うひゃー。
正月早々、「すげー」と唸りましたよ。
センス良くて、おまけに安くて、だけど
安く見えないのが素敵ー!
私の部屋のインテリアコーディネート、
まじにやっていただきたいです。
  • こみゅ
  • 2007/01/03 9:05 PM
わー、また目の保養♪
この材料費で、なんとまあ、和でありながらゴージャスでシックで……。
100円ショップでこの黒と赤の枡をセレクトされる辺りもさすが! 鏡餅の小さな扇子もナイス!です。あんずさんの手にかかると、どんなものもホントかっこよくなるもんですね。
「もう驚かないぞ〜」と思ってこちらにアクセスするんですが、いつもいつも「わお〜っっ」と思います〜。
  • Rica
  • 2007/01/03 9:22 PM
●あきゅーぴーさん


続けてのコメントありがとうございます。

生け花、フラワーアレンジメントなど優雅で繊細な世界は
わたしにはムリだ〜と思っていましたが、
こういう時にやはり花モノってあったらいいなとムリクリ挑戦しました。

褒めていただいて恐縮ですが、この英字新聞はABCクラフトで
造花を買った時に包んでくれた包装紙でした。

花を広げてから気づきましたが、包装にちょっとこだわってくれているのが
嬉しく思いました。


●こみゅさん


お久しぶりです。
嬉しいコメントありがとうございます。

安く見えないのも、メインの造花のおかげでしょうか。
今時の造花はクオリティが高くて、一見造花だとわからないものも
多く、なかなかだなあと思いました。

インテリアコーディネート?
METALLICAっぽくしていいですか?(爆)


●Ricaさん

ゴージャス、シック…普段あまり耳に入ってことないこの形容に
狼狽える→わたし。ありがとう、Ricaさん。

100円の升は、ABCクラフトに行った帰りに、
店頭で見かけて「お!」と思った瞬間もう買ってました。
このお正月飾りに関しては必要なものを揃える事がスムーズで、
なんたが縁(すごい安いけど)を感じました。

飾りは、生協からその日に届いた「サトウの鏡餅」から分解して使いました(どひー)
  • 管理人
  • 2007/01/04 1:29 AM
やっぱり、お正月のディスプレイもいいもんですね〜
うちはクリスマスはそれなりに飾ってみたんですが、
お正月は何もしないまま過ぎ去ってしまいました。
来年はあんずさんを見習って飾りつけしてみたいと思います!
  • いづら
  • 2007/01/05 1:14 AM
いづらさんちと逆ですね( ̄▽ ̄;)
今回のクリスマスはケーキを食べただけで終わってしまいました(笑)

この記事も来年の参考にしていただけると嬉しいですが、
今年は新居での飾りつけとなりますね。
その様子もアップしてくださいね。
  • 管理人
  • 2007/01/05 9:33 PM
亥の飾り、ホンのチョット手を加えるだけで、
こんなに素敵度UPするなんて!!
いのししも嬉しそうに見えます。

いろんな意味で、自分の態度反省です。
  • あきゅーぴー
  • 2007/01/08 11:23 AM
このページも保存版ですね!
いつも市販のしめ縄とウラジロを組み合わせて夫が玄関のしめ飾りを作る(といっても本当に合わせるだけなので超簡単に)のですが、来年は私もこのページを見て作ってみたくなりました。
夫はどう言うかな、「稲穂」が使ってあるしめ縄を使うのにこだわっているので。
でもそれに、もう少しあんずさんのように水引やリボンなんかを使うだけでもよさそうです〜。

うちもクリスマスよりも正月に重点を置くタイプなので、こういうのを見るとワクワクしますね。
あー、もう来年のお正月が待ち遠しいわー。
(↑早すぎ!)

サラリーマンNEOについては、私のほうへ書きました♪
サニタリー収納庫のレスの、とてもわかりやすいハノイロックスの曲の説明に感動でした。
そのまんまでした〜!
お正月の飾りはアメリカに来てから一度も飾ったことがありませんでした。。。こう見るととっても素敵ですね〜。しかもDIYできてしまうなら、来年は挑戦してみようかな?個人的には最後の升を使ったアレンジメントが一番好きです!
●あきゅーぴーさん

この亥の飾りを飾るのにどうすればいいかな〜と
目に付いたのが、実は花瓶の下に敷いていたこのお盆でした(笑)

大きい台紙も、大きめの同じようなお盆があればできると思います。
(ちなみにキッチンキッチンで500円で売ってます)

>いのししも嬉しそうに見えます。

作り甲斐のあるいいお言葉にしみじみしました。
ありがとうございます(⌒∇⌒)


●shiorinさん

ダンナさんが毎年作って下さるなんて素敵な習慣ですねー。
「稲穂」…わたしもお正月らしいので、取り入れたかったのですが、
このメインのバラとなんかちょっと合わん?かもと思い、
今回はこのようになりました。

わたしもshiorinさんがどんなリースを作られるのか、
来年のお正月頃が待ち遠しいDETH。
(↑同じく早すぎ!)

ハノイの曲、わかってくださってホッとしました(笑)


●あさみさん

アメリカではクリスマスに重点置かれますよね。
お正月飾りもDIY同様、自作は好きなの作って楽しめるのがいいと思いました。

升のアレンジメント…ありがとうございます。
これはわたしも気に入っています。
もし、アレンジメントの材料がここまで回らなかったら、
升はおせちの重箱の中で仕切りにしてもいいなと思って買いました。
  • 管理人
  • 2007/01/10 2:19 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Sponsored link

Entry

Category

Comment

Trackback

Links

Profile

Search

Sponsored links

Others

Mobile

携帯からはこちら
qrcode

Powered by

ペパボのブログサービス【JUGEM