突っ張り壁面収納・・・収納編

壁面収納
パソコン机とL字型になるように設置した壁面収納棚。

パソコン周辺に置きたいモノの大きさ、奥行きは大小様々です。
たとえば奥行き30センチの棚板に、奥行き20センチしかないモノを並べると、その前に
10センチほどの空間ができます。
空いたところについモノを置いてしまうので、後ろのモノが取り出しにくくなるし、どかす手間
がかかったり、急いでいるときなどイラついて余計散らかす原因となったり、悪循環に
陥ってしまいがちです。

なので、奥行き15センチと30センチの棚板2種類を用意し、奥行きにあったものの置き方を
できるようにしました。

最上段

一段目は奥行き15センチ、二段目は30センチの棚を使いました。
上の方なので、重く感じないよう色味も薄めで、たまにしか使わないもの入れにしています。

ダンボール箱は以前は高さが倍ほどあったのをサイズダウンさせ、所々あったシールの
あとを隠すため、古カレンダーなどをデコパージュ。

中の段

CD、DVDなど音楽ディスク、データディスクの置き場。

ここはよく聞くCD類のみですが、今はハードディスクに入れるので「置いてある」だけです。

下の段のカゴにはDVD−R、CD−Rの入れ物。
ケースや説明書など色がごっちゃりしているので布のカバーで隠します。

横には、これも自作のMOディスクとフロッピーディスク用の小引き出し
フロッピーはもうほとんど使うことはありませんが、仕事でテキストデータをこれで渡される
場合もあるので置いてます。

上にはアプリケーションCDとデータCD、その横にMO本体の置き場に。
この段データ類の棚は、座ったままでも取れる位置です。

ダボ受けと板のサイズがピッタリでないので、こんな風にCDをひっかけておいてます。

CDをケースから取り出したり、ディスクトレイの入れ替えの時ちょっとかけておいたり、
メモをクリップではさんだものをぶら下げたり、フック代わりに使ったりしています。

ちなみにCDはデフレパード。
余談ですが・・・「デスパレートな妻たち」をしばらくの間「デフレパードな妻たち」とずっと
思い違いしていました・・・。パッと見似てますから・・・。

下の段

ここは座っていて一番ものが取りやすい棚なので、よく使うものを置きます。

ノート、本類と電話の子機、これも自作の引き出しトレイ
アルミトレイが薄いので小さいものを入れるのに重宝。

1段目にはメモ紙、ちょっと切ってあまった紙も入れておけます。
他の段には、サイズいろいろの付箋、マジックペン、色ペンとトレイごとに分けて。

ペンホルダーもこの位置でとても取りやすいです。

大型の収納棚でも使っている100均の吊り下げの棚をこちらでも使っています。

よく使うミニノートやメモ帳もここに。

その下に、頻繁に使うカッターマットとステンレスの定規をセットにして置いています。
ちょうど取りやすい定位置になりました。

カッターマットはこのくらいのサイズで緑色の2000円くらいしたものを使ってましたが、
使いまくって下のラインが見えなくなったので新調しました。

今は100円均で手に入るのですが、サイズがA5と小さ目。

よく使う大きさはA4なので、幅広のビニールテープで2枚を連結し、A5からA4の大きさに
できる折りたたみ式にして使っています。
テープ代を入れても300円でできました。

縦に連結すると長いものにも対応できます。

一番下の奥行き30センチの棚板。左にはカバーをしたカゴを置いています。

置き場の決まってないものや、目障りだと思うものをポイポイ入れています。
一時避難的なものの置場を作っておくと気分的にもラク(ズボラ)できます。

真ん中に白い筐体のハードディスク類。

右側にはリメイクしたティッシュボックス
側面のない棚は、前からも横からもモノが取れるので重宝すると思います。

一番下には、プリンターを置いています。

上の棚板の残りの板でプリンターの台を作りました。
ロの字型のとてもカンタンな作り。

家庭用プリンタの複合機なのでコピーやスキャナの原稿面をちゃんと開ける高さにすること、
インクカートリッジを交換するのに支障がない高さにすること、台の下にはプリンタ用紙、
予備のインクカートリッジ、取扱説明書などを置ける高さにしました。

掃除しやすく、紙詰まりの時に背面をぐるっと回せるようにキャスターを付けています。

しかし、台の中が丸見えで、ごちゃついてみえますが、狭いところに置いているモノなので
扉ものは必要ないと思ってつけず。

全体図。

奥行きがあまりない棚にも関わらず、結構たくさんのものが収納できています。

これから使いやすさや、その時々でものの位置は変化すると思いますが、可動棚なので
自由度は高いし、今のところはこの状態でベターと思える使い心地となっています。

制作過程の突っ張り壁面収納・・・DIY編はこちら。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

Sponsored link

Entry

Category

Comment

Trackback

Links

Profile

Search

Others

Mobile

携帯からはこちら
qrcode

Powered by

ペパボのブログサービス【JUGEM