パッキングクッション

無印良品のマガジン・ムジMagを見ていたら、ソファにダダーっとクッションが
並べられた写真に感化され、たくさんクッションを置きたくなりました。

無印良品 ムジマグ 創刊号より

クッションカバーは自分で作るとして、クッションの中身は買えばすむことですが、
大きくてかさばるモノをたくさん持って帰るのは季節が真夏だったこともあって
やる気が出ず・・・。
どうすべきかと考えていたら、ずっと以前からシーズンオフ中のタオルケットを
クッションの中身にしていたこともあって、かさばるこれらをクッションの中身に
すれば一石二鳥だと思い立ちました。

まずは、クッションカバーを作るための生地の選択。手持ち品から。
夏真っ盛りの今でも暑苦しくない感じにしたいけど、1年中置いておいてもいいような
感じにもしたいのでシンプルな生地で、素材は「リネン」と「綿」をチョイス。

中身にする敷き毛布などをクッションサイズにたたんでみると、クッション4ヶ分の量。

敷き毛布の他に小さめのこたつ敷きや膝掛け、袢纏も入れてみます。
1枚だけではボリュームがない場合は他と組み合わせて中に入れます。
ほどよく四角くたたんだサイズは45センチ前後になりました。

45センチなら、市販のクッションも対応できるので、このサイズでカバー作りに
入ります。

フィンランドで買った渦巻きモノトーンの生地には、白のロングファスナーが2ヶ分
あったので、サイズを合わせてカットし、ファスナー式のクッションカバーにしました。

「濃茶のリネン」と「無印で買ったロールスクリーン用生地
(麻っぽいけど綿100パーセント)」とつなぎ合わせてコンビにします。

こちらは今手元に合うファスナーがなかったので、
よく知られているファスナーいらずの縫い方のクッションカバーにしました。
生地が重なっている部分から中身を入れる方式です。

それぞれ2ヶずつ作り、45センチ角のクッションカバー4枚できあがり。
右 : 中身は薄めの敷き毛布1枚分。

市販のクッションの中身よりは少し硬めで重いですが、充分クッションの役割は
果たせるのでこれで良しです。

後ろにあるのは、ファブリックパネルミニ収納&飾り棚

シーズンオンになったら中身を入れ替えたり、市販の中身のクッションを使っても
いいし、使わない時のカバーは折りたたんでコンパクトにできるので、その時の状況
によって便利に使えると思います。

中身が型くずれしても気にならず、広げて普通に洗え、じゃまになっている布団小物
も利用できて、結構いいことづくめな収納袋兼用のクッションになりました。
多少乱暴に扱ってヘーキですし。

布団小物以外にもタオルとか、冬用パジャマとかバスローブとか、いろいろ応用
できそうです。


コメント
いつもいつもいつもいつも・・・
かなり以前からこっそ〜り見せていただいております!!
いつも華麗なDIYぶりに惚れ惚れしていたのですが、
今回のクッションもカバーの色合いとか風合いのセンスの良さに
グググっと引き寄せられてしまいました。

ファブリックパネル、今回もまた見せていただき
今度こそ作るぞっ!!
と鼻息荒くしたワタクシデス(笑)
また目を潤わせてくださいませ。
楽しみにしております♪

シュウさん、いつもいつも見て下さって、
今回はコメントとっても嬉しいです。
ありがとうございます。

作ってみてわかるのですが、ファブリックパネルは土台作りもカンタンで、
生地の持つ力で部屋の雰囲気がガラリと変わるので効果ありますよ。
ぜひ作ってみて下さい。

また遊びに来て下さいね。
  • 管理人
  • 2007/08/07 11:51 PM
あんずさん、毎回大変楽しく見させて頂いてます。今回も収納もできるクッションを手作りしてしまうところが、私の様なものぐさには、大変魅力的です!
シュウさんも言われていましたが、
手作りのファブリックパネルは以前から
いろんなお宅で見かけて、インパクト大なのでとても気になる存在でした。
私にも出来るでしょうか・・・
好きな生地が手に入ったらトライしたいです。
あんずさん、不器用な私の図々しいお願いですが是非リンクさせて下さい!

えこさん、いつもありがとうございます。

クッションカバーは直線縫いだけなので作りましたが、
収納という点でみれば、市販のカバーでも良いと思います。

ファブリックパネルも生地をピンと貼る事に気をつければ、
気軽にできると思いますよ(^ ^)

リンクも喜んで。よろしくお願いします。
  • 管理人
  • 2007/08/12 4:51 PM
はじめまして。私も手作りが好きです。がまぐちの裏地に赤を使うなど色のセンスが素敵ですね。時間があるときにゆっくり過去記事もみたいです。
ochiyoさん、はじめまして。
コメントをありがとうございます。

手作りがお好きということで、このサイトも楽しんでいただけたら幸いです。

またどうぞいらしてくださいね。
  • 管理人
  • 2007/08/29 12:54 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Sponsored link

Entry

Category

Comment

Trackback

Links

Profile

Search

Others

Mobile

携帯からはこちら
qrcode

Powered by

ペパボのブログサービス【JUGEM