パソコンの机まわりの収納棚

仕事用とは別の私用のパソコン机の周りに、カンタンな棚がほしくなりました。

市販品では対応できないのでやはりDIYでつくるのですが、主にCDやDVD類を置く棚なので、
16〜18センチほどの奥行きでOK。

SPF材の1×4材(長さ1820×幅89ミリ)を2枚つなぎ合わせるとちょうどいい具合の
奥行きになります。

ホントは普通に1枚板を買えば早いんだろうけども、パイン材などの1枚モノは結構高価

SPF材は、巾をつなぎ合わせて1枚板にするととっても安く幅広の板にできるので
重宝しています。

今回はホームセンターでSPF1×4を4枚購入し、サイズに合う様に板をカットしてもらいました。

板の表面や端のささくれた部分などにサンドペーパーでのやすり掛けとニス塗りを2回ずつ
繰り返します。

サニタリー収納

サニタリー…「脱衣所」兼「洗面所」は棚などの収納がない状態だったので
自作することにしました。

置くモノに合わせて稼動できる棚にしたかったので、ダボレールに板をのせるタイプに
することに。

奥行きは30センチほど、横にある乾燥機に当たらない幅は約90センチでOK。
板はちょうど規格品のサイズでいけるので、90×30センチの板を3枚購入。

ダボレールはいまや100均でも売っているので、棚板3枚分用の部材を購入しました。
支柱2本、棚受け左右2枚×3組で、合計840円(税込)。
ありえへんくらい安くすみます

ところが、うちは賃貸マンションなのでダボレールを直接壁に取り付けるのはあかんのです。

なんか柱になるような、直接ネジ止めしてもいいような板があったらと・・・いうのと、
セシールとか、ベルメゾンのカタログに載っている突っ張らせる壁面収納の上の部分をヒントに、
支柱板を上下に突っ張らせて、もうひとつの柱ということにして、ダボレールを取り付けたら
いけるんでないかいと考えました。

小引き出し

Kitchen Kitchenの立方体の箱を使って、小物の引き出しを作りました。

箱に底と取っ手を付ければ引き出しになると思って、この時4ヶ購入。

すでにキレイに塗装されているのでそのまま使えるのが良いです。

外側の板は、端材のシナ合板・9ミリ厚、 箱の底にはKitchen Kitchenの箱と同じ素材の
MDFを使いました。

箱にぴったりカットした底板をつけ、底板がズレないよう両側から小さなクギを打ちます。
続きを読む >>


Sponsored link

Entry

Category

Comment

Trackback

Links

Profile

Search

Others

Mobile

携帯からはこちら
qrcode

Powered by

ペパボのブログサービス【JUGEM